Welcome to England ! (2013 冬/その3)

ロンドンに長期滞在するなら、B&B がオススメです。
今回 泊まったのは、1番賑やかな通り オックスフォードストリート西側、
マーブルアーチから近いランカスターゲート。
街から歩いて帰れる距離です。

image

この地域は、安い B&Bがたくさんあり 治安もいいので女性にはお勧めです。
ロンドンには他にもB&Bがたくさんある地域があります。
長距離バスのステーションがあるビクトリアは、バックパッカーズには便利でしょう。
アールズコート周辺は、海外から来た学生が多く滞在しています。
この2つの地域は安い宿がたくさんありますが、治安もあまりいいとは言えず、女性にはお勧めできません。

私が滞在したB&B は正面玄関を入ると受付けがあり、その横には絨毯引きの階段があります。
幅が狭く、歩くとギシギシ音がする古い建物で、スーツケースを上の階に運ぶのは 一苦労です。もちろんエレベーターはありません。

imageimage

部屋は10畳ほどで、シングルベットが2つ、冷蔵庫、ケトル、電子レンジ、ドライヤー、TV、トイレとシャワーが付いています。
狭い部屋ですが掃除が行き届いていて快適です。
表通りの反対側にある部屋なので、部屋の窓からは綺麗な住宅の裏側が見えます。
裏側の景色を見ると、17世紀頃と変わらないように思えます。

〈建物の表側〉

image

〈建物の裏側〉

image

B&Bというのは、「ベット&ブレックファスト」の訳で、宿泊と朝食が含まれています。
朝食には2種類あり、イングリッシュブレックファストとコンチネンタルブレックファストです。イングリッシュブレックファストは、目玉焼きやソーセージ、ベイクドビーンズなどの
温かい料理のことで、コンチネンタルは、シリアルやパン、チーズなど料理をしていない冷たい
朝食のことです。

〈イングリッシュブレックファスト〉

image

〈コンチネンタルブレックファスト〉

image

このホテルでは、朝食は地下階にある部屋でいただきます。
イギリスでは、1階を 「G」と表しグランドフロアとよびます。地下階は「LG」ローワーグランドフロアです。ちなみに日本の2階は、「1」ファーストフロアになります。
エレベーターに乗られる時はご注意を!

地下の朝食ルームはセルフサービスで、パン、コーヒー、紅茶、シリアルは食べ放題です。
各テーブルにはテーブルマットが敷いてあり、ボールの中には色々なジャムが入っています。
私は朝食の後、いつもパンを少しだけ残しておき、ナプキンに包んでカバンに入れておきます。
そして街を散策して疲れたら、ハイドパークやセント ジェームスパークでひと休みして、
公園にいるリスや水鳥にパンをあげて楽しみます。

image

image

〈ハイドパークのリス〉

image

〈続く…〉


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>